menu

学校案内

ホーム > 学校案内 > 海外留学

海外留学

英語国際コースから毎年、海外留学にゆく生徒が多くいます。
1年生は、「一年間、海外留学を経験するグローバルクラス(1クラス)」と「じっくり英語学習をするためのインテンシブクラス(2クラス)」の計3クラスあります。
英語国際コースは、「真の国際人」になるための素地を養うことを教育の目標にしています。
英語力・国際感覚を磨きグローバル社会で活躍できる人材を育てます。

グローバルコース(1年間海外留学するクラス)

2年次に1年間海外留学を体験するクラスです。留学を通じて語学力はもちろん、自主性・国際性を養います。文部科学省の規定により、外国の高等学校における履修を日本の高等学校における履修とみなし、本校の単位取得を認定することができます。

1年生 4月 留学説明会を行い、留学先・留学に関する規定などについて説明を受けます。
この間の生活をどう送るかが大切です。
1年生 9月 9月上旬に選考会を行います。ここで留学国・留学期間が決定します。
※選考試験は面接(日本語・英語)です。また「学校成績」「英語能力試験の成績」「出欠状況」も参考にします。
2年生 4月 オーストラリア・ニュージーランドへの留学が始まります!帰国は2年生の3学期末です。
2年生 8~9月 アメリカ・カナダへの留学が始まります!帰国は3年生の6~7月です。

海外への留学生の数

2012年 33名  Canada (24), New Zealand (3), U.S. (2), Australia (2), Ireland (1), Italy (1)
2013年 43名  Canada (28), New Zealand (6), Australia (3), U.S. (3), Taiwan (1)
2014年 18名  Canada (11), Australia (3), New Zealand (2), U.S. (2)
2015年 25名  Canada(17) , New Zealand(6), Australia(1), U.S.(1)
2016年 27名  New Zealand(9) , Australia(3) , Canada(1)
2017年 12名  New Zealand(5) , Australia(4) , America(2) , Canada(1)
2018年 26名  New Zealand(6) , Australia(6) , America(2) , Canada(12)
 

英語国際コースへ

 

留学中は現地の一般家庭にホームステイをして生活します。ですから、現地の法律やルールを守り、ホストファミリーと一緒に生活しながら現地の生活・文化を学びたいという姿勢が大切です。
「留学先で何か問題が起こってしまったら...」と心配している人もいるでしょう。本校では現地スタッフと連携して速やかに連絡を取り合い、状況把握に努めています。
万が一現地で困ることが起きたら、すぐに現地スタッフに相談できます。また本校留学生は月に一回以上レポートを本校に送付し、留学の状況を伝えることになっています。

海外留学レポート

國本大輔
ニュージーランド アルフリストンカレッジへ1年間留学
TOEIC 750 点取得
関西学院大学 総合政策学部合格
(八尾市立成法中学校卒業)

『留学先で一番学んだこと』
僕はニュージーランドに行く直前、不安のあまり吐くぐらいに緊張していました。実際、ニュージーランドに着いて、ホストファミリーと話した時、何を言っているのか僕は理解できませんでした。話すスピードが早いのに加えて、日本では習ったことのない言い方がたくさんあったからです。でも、ホストファミリーはいつも優しく、わからないことがあればいつでもなんでも教えてくれました。それでも、学校生活は大変でした。日本では、留学生が来たら、みんな寄って行って話しかけます。でも、ニュージーランドの学校では、留学生はたくさんいるので特別視されずに、数人の生徒は話しかけてきてくれましたが、ほとんどの人は、「あ、また来たんだ。」といった感じでした。僕は自分から英語で話しかけないとダメなんじゃないかな、でも自分にはそんな英語能力はないと思っていました。
最初の約2ヶ月、休み時間に会って挨拶をする程度の友達はたくさんいましたが、休み時間に一緒にいる友達が僕にはいなかったので、僕はよく図書室にいました。人と関わるのを避けていたのです。そんな時、ジェイコブという僕の親友の1人が、僕と休み時間一緒にいるよと言ってくれました。それから数ヶ月、休み時間はほとんど彼といました。
ある時僕は、ミスをするのはいいことなんだと気づきました。そう思ってからは、僕は友達と会えば必ず何か声をかけ、わからなかったら素直に聞くということをずっとしていました。ニュージーランドで間違いを恐れないという意識を持つことができて本当に良かったと思います。

My best memory in New Zealand
By: Kunimoto Daisuke

I remember I was really nervous on my first day at school, which is why I do not remember my first conversations with teachers at school. After class, some students talked to me and asked me a couple of questions and made me feel better. Soon I had many friends to talk with in classes, and to greet every time we met, but I did not have friends to share the breaks with. I sometimes really wanted to go back to Japan, but one of my best friends in New Zealand asked me to hang out with him every break. I was really happy.

If I had not gone to New Zealand, there are things I could never have experienced. One example is I supported Japanese students who came to my school in August of last year and in March of this year. I felt very confident with my English then. Moreover, I am really proud of having been a Japanese student at Alfriston College. I was also able to figure out what I want to do in the future through my study abroad experience. When I supported the Japanese students, they looked really happy to be there and then sad when they left New Zealand. I do not know how much I helped them, but at least they looked happy. That’s why I realized I want to get a job where I can support others and make use of my experiences.

Even though I had so many great experiences there, the best moment for me in New Zealand was a farewell event for me. About 100 students did the Haka just for me and it was absolutely the best one I had ever seen. The main point of the Haka is how loud they chant. The Haka for me was definitely the loudest one ever. After that, my friends told me the Haka they did for me was how much I was loved by Alfriston College.

I want to say thank you to everyone for the great time I had in New Zealand.

西尾青空
カナダ シャーロットタウンルーラル高校へ1年間留学
TOEIC 720 点取得
関西学院大学 総合政策学部合格
(堺市立泉ヶ丘東中学校卒業)

『留学で一番学んだこと』
私はカナダでの一年間留学でたくさんのことを経験し、学びました。初めは自分の身の回りのことを全て自分でするだけでも大変で、日本にいた時どれだけ親の力を借りていたのかに気づきました。
学校が始まって二ヵ月くらいは英語もあまりわからず、グループワークの時も自分の意見を言えなかったり、何をやっているのかすらわからない時もありました。自分だけ意見を言う番を飛ばされたこともあって、悔しい思いもしました。でも、自分の意見をはっきり伝えることの大事さを学び、いろいろな国の友達を作り、自分たちの国について話すことで相手の文化や日本の文化ももっと知ることができました。
私のホストファミリーは世界の出来事についてとても詳しく、いろんなことを教わりました。外からみた日本や、日本以外の角度からみた世界は知らないことだらけでした。それから私も世界のいろんな国で起こっていることを勉強したいと思いました。
留学に行く前の私は宿題や定期テストにもそんなに必死ではなかったけれど、留学先では授業についていくために家に帰ってから一生懸命予習復習をするようになりました。カナダ人生徒に負けないように頑張ろうと思い、課題やテストはもちろん、苦手なプレゼンテーションも全力で頑張りました。その結果、たくさんの先生に褒めてもらったり、自分で作ったブックレットを来年の生徒のために使いたいと言われたりしてとても嬉しかったです。何事も一生懸命頑張ることはすごく大事だということを学びました。私はこの一年間留学で学んだことを糧にこれからもっと成長したいと思います。

MMy Best Memory In Canada
By: Nishio Sora

I experienced and tried a lot of new things during my study-abroad life in Canada,and the two memories that I especially want to share are of my host family and myschool life.

My host family was a nice and lively family. They took me many places so that I could experience a lot of things and have fun during my year there. The place where I lived was a small island so there was so much nature there. On the weekends we usually went hiking or biking on a beautiful trail. There were also so many stars most nights, so I sometimes went and lied down in the park next to the house with my host sister at midnight. I loved those relaxing times because I had not seen that many stars,or lived in so much green in my life. I really enjoyed the nature there. We also often went to the park or gym with the whole family together and played ball hockey and basketball. I was surprised at how close the family was. I learned how important it is to place a priority on family. I also learned a lot of other things from them. They liked talking about what was currently happening in the world. They had a great knowledge of world issues, so they taught me many things. I learned how people outside of Japan look at the world from different angles. My host family actually helped poor children around the world in many ways. The times we talked about those kinds of things were a great influence on me, and now I want to learn about those world issues in university and be like them when I grow up.

I had a good time in school, too. My best memory of my school life is when I went to an elementary school to teach tennis in their gym class. I was worried about whether or not elementary school students would listen to me and understand my English because my partner wasn’t there that day so I had to teach 15 students by myself, and I was the only person there who didn’t speak English as a first language. But the students were so nice and none of them judged me. They tried to listen to me and understand me and moreover, they took kindly to me. They helped me carrying rackets and balls after two boys came and asked me for a hug. I was surprised and I gained a lot of confidence in my English skills from that happening.

I had an awesome time and met great people in Canada and these memories will always help me to be stronger and more confident. I think I will be a better person because of the things that I learned in my study-abroad life in Canada.

ページトップへ