menu

学校案内

ホーム > 学校案内 > 美術コース

美術コース

さまざまな美的体験を通して、大きな視野を持つ。

アート体験プログラムを受けることで感性を鍛え、美的世界を広げます。デッサンなどの技術指導はもちろんのこと、共同制作によって企画力やプレゼンテーション能力を磨き、社会とつながる力を育てます。

美術コースのポイント

イベントプロデュース能力を向上させる

舞台芸術の大道具や小道具、衣装を作品のストーリーや演者に合わせて企画・製作したり、美術作品の展示やワークショップを考案・実行する経験を重ね、イベント運営力を養います。

さまざまな美術表現を体験することで感性を磨く

異なる美の表現に数多く触れると、心は揺さぶられ、感性が磨かれ、思考する自分の学びも深まります。そんな豊かな経験から、それぞれの美的な想像力を育んでいきます。

作品鑑賞を「楽しむ」力を自信にする

美術鑑賞は、実はあまり難しいものではありませんが、苦手と感じる人もいます。自分の美意識を知り、他者に伝える練習をすることで、美術鑑賞を自らの強みにできます。

美大・芸大入試に求められる基礎力を強化する

デッサンの授業、夏期講習などで対象物を正確に再現する力を養います。観察力を磨くことで、基礎力だけでなく応用力も強化することができます。

授業紹介

美術表現研究

本格的な美術表現を体験します。日本画や染色、インスタレーションなど今まで見たこともないような技法や素材に触れ、楽しみながら学びます。

デッサン

鉛筆の削り方から構図、形態の把握の仕方、調子の付け方まで丁寧に指導します。3年次には石膏像や大型モチーフを対象としたデッサンを行い、難関美大・芸大の受験にも対応できるように取り組みます。

学びの集大成「卒業制作展」

美術コースでは3年次の卒業前に、3年間の学びの成果を「卒業制作展」として多くの方々に披露しています。「素描」と「構成」の作品それぞれ1点ずつを約10ヶ月かけて制作。「素描」は石膏デッサンまたは大型静物の鉛筆デッサン、「構成」はポスターカラーによる色彩構成となっています。

自分で創造し表現する。自分の“好き”を伸ばせる場所がここにあります。

美術を通じての創造力や表現力。それを生徒自身が見いだし、同じ思いを持つ仲間と切磋琢磨しながら、自分自身を伸ばしていく。「知性」を支える「感性」と「個性」が自然と育つ環境をつくります。

松本 佳菜子
美術担当
好きなことに、とことん集中できる環境が魅力。

1年次は基礎的な学習中心になりますが、2年次になると専門的な学習がぐっと増えて充実してきます。自分の好きなことに熱中・集中できる環境に恵まれていることを、とても魅力に感じています。

長谷川 杏奈さん
3年 美術コース
ページトップへ